Home> 純パの会とは?

純パの会とは?

  • 2012年2月29日 09:55

純パの会は、パ・リーグ野球を
熱烈に愛するファンの会です。

「純パの会」の名前のいわれ......

純パの会とは、略称「P.P.」。Pure PacificとPacific Promotionの両義を意味します。会の創立メンバーの一人、柳下貞一さん(元文教大学教授・故人)によって命名されました。
また、柳下さんは、純パの会発足当時のマスコミによる、ジャイアンツを中心としたセ・リーグ偏重のプロ野球報道に対して「偏セ値」と表現し(元になった 言葉は「偏差値」ですね)、この「偏セ値」という造語は朝日新聞の「天声人語」や「社説」にも引用されたこともありました。

旗揚げは約25年前......

1981年1月、雑誌『ナンバー』(19号)に、「七たび生まれ変わっても、我、パ・リーグを愛す」が掲載されました。筆者は当時、文藝春秋の編集委員であった宮田親平さん(現・医学ジャーナリスト)でした。
この記事はパ・リーグファンの間で大きな反響を呼び、筆者の宮田親平さんの元には多くの手紙が寄せられました。そのファンの輪はさらに広がり、翌82年4月、「純パの会」旗揚げの会合が開かれました。
それから数えて2007年には旗揚げから数えて25年目を迎えます。純パの会の会員の輪は、北海道から九州まで全国規模の広がりをみせ、約400名を数えるまでになっています。

会では、どんなことをしている?

会報は2か月に1回(年6回)発行。誌上では、会員たちがパ・リーグへの思いを発表し、意見交換、情報交換を行っています。

  • パ・リーグ大好き人間たちが集い、交流する総会やパーティは、年2〜3回開催。野球への、パ・リーグへの愛を、楽しく語りつくします。
  • 会の中では、さまざまなサークルによる合同観戦、懇親会、観戦旅行などが行われていて、すべての会員が参加できます。

会員にお願いするのは、これだけ......

  • ただ純粋に、パ・リーグの選手やチーム(複数も可)、またはパ・リーグ全体を、愛し応援すること。
  • パ・リーグのゲームを、できる限り多く、球場で観戦するよう務めること。
  • 年会費=3千円を払い、好意を持って会の運営に協力すること

純パの会に入会するには......

このホームページにある、入会申し込みフォームに必要事項をご記入の上送信をお願いします。
折り返し、担当者が会費納入用の振込用紙をお送りします。その振込用紙をご利用になって会費をお振り込みください。会費納入が確認でき次第、会報などをお送りします。

Index of all entries

Home> 純パの会とは?

Powerd By

Return to page top